「福祉住環境コーディネーター2級」 対策講座
1ヶ月で自信満々 FJコーディ 攻略大作戦!
トップページ 講座の詳しい内容 講座のお申し込み 必要な書籍など お役立ち情報 受講者の声 プロフィール

「 検定試験 」 お役立ち情報 


  < 情 報 内 容 >
     (その1)  「検定試験」 の問題数と配点、その他
     (その2)  「検定試験」 の出題形式
     (その3)  問題を解く時の注意事項、その他





「検定試験」 の問題数と配点、その他

      「検定試験」 の問題数は、どうなっているかというと、

      『福祉住環境コーディネーター 2級過去問題集 2006年版』
      (以下 『過去問題集』と表示。 P. は『過去問題集』のページを示す)
      の P.267 を見るとわかります。

      
      
      ここは、第15回検定試験の解答一覧です。
      
      
      問題は 「第1問」 から 「第10問」 まであり、
      
      「第3問」 は、3-1,3-2と分かれていて、それぞれに、
      ア、イ、ウ、エ、オ、の 5問(各1点)の設問があり、計10問(計10点)。
      
      「第8問」 も同様に8-1、8-2と分かれており、計10問(計10点)。
      
      その他は、それぞれ、
      ア、イ、ウ、エ、オ、の 5問(各2点、計10点)の設問です。
      
      で、トータル100点満点の構成になっているのがわかります。
      

      
      「検定試験」の制限時間は、2時間です。
      
      
      2時間内に解く設問が、60 あるということですね。
      
      各問題の難易度により、解答にかかる時間は、同じだとは言えませんが、
      おしなべて考えると、
      設問1つにつき、平均 2分、かけられるということですね。
      
      
      
      第10回〜第14回も同じ構成でしたが、
      
      第 9回までは、
      「第5問」 も、5-1,5-2と分かれており、それぞれに、
      ア、イ、ウ、エ、オ、の 5問(各1点) の設問があり、計10問(計10点)。
      でした。
      
      
      ですから、設問数は 65 でした。
      この場合は
      設問1つにつき、平均 2分は、かけられませんね。1.8分ぐらいです。
      

      
      もう少し詳しく説明すると、
      
      第10回〜第15回は
      「第4問」(計10点) と 「第5問」(計10点) が事例問題になっています。
      事例問題とはどんな問題か? は、解いてみてのお楽しみ。
      
      第 9回までは「第5問」 が、5-1(計 5点) ,5-2(計 5点) と分かれており、
      それぞれ1つの事例問題が、当てられていました。
      
      第 9回までに比べて、第10回以降、
      事例問題の配点が大きくなっているということですね。
      
      
      
      たぶん、今度の検定試験も、第10回〜第15回と同じ構成でしょう。

      
      


「検定試験」 の出題形式                   ( 一番上へ戻る )
      
      5肢択一のマークシート式です。
      
      
      各設問には5つの文章があり、それぞれについて、
        ・最も適切なもを1つだけ選ぶもの
        ・最も不適切なもを1つだけ選ぶもの
        ・適切なものを○、不適切なものを×としたとき、その組合せを選ぶもの
      があります。
      
      これらの出題形式がどんなものなのかを、実際の問題で見てみましょう。
        ・(P.34) 第1問 ア → 最も不適切なもを1つだけ選ぶもの
        ・(P.35) 第1問 イ → 適切なものを○、不適切なものを×とした・・・
        ・(P.36) 第1問 ウ → 最も適切なもを1つだけ選ぶもの
      
      となっています。
      
      
      また、
      
      (P. 42) 第3問 3-1 → 穴埋め問題(適切な用語を選ぶ)
      
      (P. 44) 第4問 → 事例問題
      
       (P.102) 第9問 イ → 建築基準法で定められた数値を計算で求める問題
      
      (P.106) 第10問 ア → 図面から情報を読み取る問題
      
      (P.185) 第10問 ウ → 脊髄損傷者の移乗方法を選ぶ問題
      
      (P.201) 第4問 イ → 福祉用具をイラストで選ぶ問題
      
      など、いろいろな形式で問われます。
      
      
      問題を解きながら、慣れていきましょう。    





問題を解く時の注意事項、その他           ( 一番上へ戻る )
      
      どの形式の問題を解くときでも、共通して言えることですが、
      
      その文章が適切であれば○、不適切であれば×印を、
      問題用紙の各番号の横に書き込んでいくことです。
      
      
      検定試験の終了時間まで座っていれば、問題用紙は持ち帰ることができます。
      ですから、問題用紙に○×を書き込んでいれば、
      家に帰ってから、答え合わせが、簡単にできます。
      
      
      
      また、試験中に、見直す場合も便利です。
      
      問題用紙に○×を書き込まず、解答用紙にだけ答を書いていった場合、
      解答欄を間違って書き込んだ時など、書き直しに手間取ります。
      
      
      「何をばかな? 解答欄を間違うなんて!」 と、思うでしょう?
      
      でも、あるんです。マークシート式の場合。
      解答欄を1つ飛ばして、次の問題の解答欄に書いてしまう、あるいは、
      前の問題と重複して、前の問題の解答欄に書いてしまう、
      などなど、良くあることです。
      
      これらの間違いをやってしまった時に、
      問題用紙に○×を書いていなくて、もう一度、問題を解かなきゃ、
      なんて、やりたくないですよね。
      
      
      
      それから、もう1つ
        ・最も適切なもを1つだけ選ぶもの
        ・最も不適切なもを1つだけ選ぶもの
      と言う形式の時は、「適切」 あるいは 「不適切」 という言葉を
      四角で囲んでおきましょう。
      
      つい、最初の問題文だけ読んで、
      「これ正解。答えは1番!」と、勇んで解答を書き、次の問題へ。
      でも、問われていたのは「最も不適切なものはどれか?」でした。
      なんて、あわててミスらないように!
      
      「適切」 「不適切」 を四角で囲んでいると、その文字は目立つので、
      ○を選ぶのか、×を選ぶのか、が視覚的に分かりやすく、間違いません。
      
      
      
      
      さらに、試験本番の時は、
      
      「最も適切なものを選ぶ」 問題で、
      例えば、一番目や二番目などに
      「もう間違いなく、この文章は正しい! 絶対に自信あり!」 と
      いうのが出てきたら、残りのは読まずに、次の問いに進んでいいと思います。
      最後まで読んでいる時間がもったいないです。
      
      ただし、チョットでも自信がない場合は、5つの文章を全て読みましょう。
      そして、答えを選びましょう。
      
      「最も不適切なものを選ぶ」 場合も同様です。
      
      
      ただし、本番の時だけですよ。
      今からの勉強では、問題は全部読んでくださいね。
      そうじゃないと、勉強になりませんから。

                                           ( 一番上へ戻る )



Copyright(C) 2004- 1ヶ月で自信満々 FJコーディ 攻略大作戦 All Rights Reserved
メ イ ン メ ニ ュ ー
トップページ
講座の詳しい内容
講座のお申し込み
サ ブ メ ニ ュ ー
必要な書籍など
お役立ち情報
学習日程 : ベストな日程
からの修正も考える
受講者の声
プロフィール
おかげさまで・・・
お問合せ・ご質問
関 連 情 報
福祉住環境
コーディネーターとは?
福祉住環境コーディネーター
検定試験のホームページ

   (東京商工会議所)
関連リンク

  この講座の一部を
体験できるサイト
   を作りました!

 こうすればできる!
福祉住環境コーディネーター
検定試験


スポンサードリンク
このページの一番上へ